【険しい顔の向こう側に…】

朝から晩までひたすら動き続ける…

険しい表情の…

土木作業員の方を建設現場でじーーっと見てて思ってたことと…その後会話したほんのちょっとした一言に…

ハッとさせられた。。。

なんと温かな…

こんな疲れ果てた険しい顔の向こうに…

【土方のおっさん】

土方のおっさん 穴を掘る

…せっせとせっせと穴を掘る

土方のおっさん 土運ぶ

…せっせとせっせと土運ぶ

土方のおっさん 石ひらう

…せっせとせっせと石ひらう

土方のおっさん 腰伸ばす

…両手を当てて腰伸ばす

土方のおっさん メシ食えず

…せっせとせっせと穴を掘る

土方のおっさん 汗拭う

…汚れた袖で汗拭う

土方のおっさん ついこぼす

…もうちと辛抱とついこぼす

背中の空で鐘が鳴る

…5時だ 5時だと鐘が鳴る

土方のおっさん 頬照らす

…真っ赤な太陽 頬照らす

土方のおっさん 背をのばす

…ふぅ~っと一息 背をのばす

土方のおっさん 疲れてる

…眠りたいほど疲れてる

しかし…おっさんこう言った

…優しく笑ってこう言った

『孫がな…うち来んねん。。今、春休みやろ?…だから1週間だけ毎日来んねん。。だから今から帰ってな、孫と一緒に遊んだんねん。。孫がな…可愛い~てしゃ~ないねん。』

土方のおっさん 微笑んだ

…遠くを見る目が懐かしい

土方のおっさん 重なって

…うちのじいちゃんに見えてきた

額の汗は美しい

額の汗は美しい

額の汗は美しい

土方のおっちゃん 美しい

広告

【対バンイベントの落とし穴…】

『対バンのイベントって…お客さんいっぱい来るしいいですねー…』と人は言う…

対バンのバンド数が多くなればなるだけお客さんの量も増えると思ってはるんだろなー…

違うから…

まったく逆やからね…

対バンほど相手を頼ってしまうものないから(笑)

ほんとに‼️これほんと‼️…

だってね、みなさん自身のユニットでもちろんワンマンでライブもやってる訳ですよ。。。

そーなると当然、自身のワンマンライブで集客に力入れますよね。。

それは当然です‼️

ぼくだってそーします。。。

対バンイベントは謂わば祭的な意味合いも多分に含まれてるんでそこまで集客しなくてもお客さん来はるだろうという安心感がありますよね。。。

箸休め的な…

自分たちが呼ばなくても他のバンドさんが…て、期待もあるでしょうし(^_^)

それがバンド数が多くなればなるほどその度合いが強くなると思います。。。

だから主催者はそこに一切期待したらダメなんですよねー。。。

ミュージシャン多いから人集まるだろう…なんて、と!ん!で!も!ない!からー!!!(゜ロ゜ノ)ノ

バンド数多いからと安心して油断してたらほんと…とんでもない目に遭う。。。

そんな対バンイベントたくさん見てきました。。。

【対バンイベント】なのに10人もお客さん居ない…

ミュージシャンが圧倒的に多い(笑)

これはやはりよくない。。。

だから…主催者はバンドに頼らずイベントの【看板】をしっかり掲げてイベント自体をしっかりアピールせんとあかんよねー…

なのでいつもイベントの特色というか『方向性と色』をキッチリ出してます。

お客さんが選びやすいよーに…

気に入らない人は絶対に来ない。。

その色を好きな人だけが来られる。。。

それでいいと思います。。。

もちろんバンドさんのお友達とかファンの方は無条件に来られる方いらっしゃるけど…

それ以外でイベントの色を見て来られる方をしっかりキャッチしなくては…と思います。。。

油断してたらこんな怖いもんはない…対バンイベント(笑)

ほんとだよ、、、

サムい結果なるん、目に見えてるもんf(^^;

だから…

数じゃないんだよ。。。

逆だから(笑)

対バンほど人に頼るイベントないんだから…

【くよくよするなって…】

くよくよするなって!…

何があったか知らないけど…

うまくいかない時ほどしっかり前見て開き直っていこー。。。

そーすればパーーン!と開いてくるから…

活路って…

前向きにならないと見えない路やからねー。。。

下向いてても絶対見えてこない路…

だから…

塞ぎこんで膝かかえてるなんて時間の無駄。。。

開き直って一歩進んでみ…

で、また次の一歩…

また一歩…

ほら…

見えてくるから(^_^)

ぼくは悩まない…

落ち込まない…

絶対に落ち込まない…

まだ人生の中でそんな出来事に出会ってないのかも知れないし、よほど鈍感なのかもしれない。。。

でもほんとに悩まないなぁ…

考えることが面倒くさいてのもある(笑)

すぐにその場で思考を遮断して即決めることが出来るのであとあと引っ張って考えるてことが無いのがその理由かもしれない。。。

第1感というか直感とその後思考を繰り返した後の結論の差にさほど違いがあるとも思えないし、、、

まず答えを出してからその後進みながら軌道修正なんていつでも出来るやん!とも思うてる。

だから…

悩まない…

そりゃたまに失敗することだってあるよ。。。

でもそんなん3日もしたら笑い話になるし、どーだってええやん!あんなことてくらい些細な出来事に変わる。。

人生短いからなぁ…

いつまでも健康でいられる保証なんてどこにもないから…

パリっといこー!

カラッといこー!

しっかり前見て…のほほんと渡っていこー!!

そしたら…

だんだん明るくなってくるから…

まわりがね…

だから…

くよくよすんなよ!(^_^)…

【…いつになるか分かりませんけど】

『いつになるか分かりませんけど…ゆっくり準備してリハーサルしながらだんだん煮詰めて行きませんか?…で、ええ感じになってきたらライブやりましょうよ!』

やらん‼️

絶対やらん‼️‼️‼️

そんなん有り得へん。。。

そのタイプのものは絶対途中で闇の彼方へ消えていきフェードアウトしてまうやつ…(笑)

計画して計画して…準備に時間かけ過ぎて結局なんにも起こらなかった事たくさん見てきた。。。

だから…

無駄な時間…使いたくない。。。

まず動こう‼️‼️

日程を決めよう。。。

もう自分を逃がさないよーに。。。

それから逆算して追い込んでいけばええやん!と思うけどねー。。。

そんな…いつゴールがあるのか無いのか分からんよーなものには一切乗っからない。。。

とりあえず動こーよ!

そのあと考えたらええねん。。

追い込んでいっぱい考えたらええねん…

なんとかなるから(^_^)

【あけんかいな!】

ぼくの実家に突如現れたぼくの部屋…

中学生にもなるとなんやらかんやら大変だろうとオヤジが一計を案じてこさえてくれたんだ。。。

思春期の男…

まぁいろいろあるよ。。

増築なんだけど近所の大工さんの手により6畳の部屋が出来た。。

それまでひと部屋の中を妹と二人で共有してたんでもうそれはそれはのびのび自分の城気分…

もちろん妹もそーだろー。。。

厄介なのが目の前から居なくなってせいせいしてたに違いない(笑)

そんな突如現れたぼくの部屋の隣がばあちゃんの部屋だ。。

そこは6畳と5畳の二間にキッチンがついてるところ。。

そして…2階だったんで電話もそこにある。。

もちろん1階にも電話はある。。

それを使う時はレバーで1階2階と切り替えないといけない。。

まぁそれは置いといて…

とにかくばあちゃん!

とにかくだ!…

ぼくの部屋へ突然入ってくる。。

バーーン!!

横へスライドする扉だったけどそれを物凄い勢いで開ける。。

だから…バーーン!!

いつもバーーン!

扉の端の木が受け手の柱と思い切りぶつかってバーン!!

もう~突然入ってくんなよ(///∇///)

オレ…もう思春期やから!頼むからソッと声かけてから入ってくれー!

…て、言うんやけどいつも忘れてバーーン!!

『やっちゃん、おはぎ作ったから食べるか!』バーーン!!

『みかんあるで!』バーーン!!

『テレビ映らんけど…ちょっと見てみてー!』バーーン!!

『ちょっと!ここの釘抜いてーな!』バーーン!!

そのたんびにびっくりするし、ムカつく。。

静かに開けろ!って…(ー。ー#)

とにかくぼくが横にいるのをええことにしょっちゅうやってくるよーになった。。

なのである日…ぼくはとうとう鍵をつけてやった。。

よく便所なんかにある上からチョンとフックを引っ掛かるタイプのやつだ。。

ネジで木枠の部分にそれをねじ込んでやった。。

ハッハッハッ…これでもうあのバーン!からおさらばや(^_^)

それを見たばあちゃんは『あんた!なんでこんなもんつけるんな!』てクレーム言うてたけど…

『突然バーン!て開けられたないねん!』て言うてその後しばらくなんにもなかった…

ばあちゃんもきっと分かってくれたんだろう。。

それからしばらくして…彼女が部屋へ遊びに来た。。

で、部屋ん中にいてると…

電話が鳴った。。

そんなのは日常茶飯事だから別にええねんけど…

どーやらその電話はぽくへの電話だったらしく…ばあちゃんが扉の

前へやってきて…

ガチャガチャ扉を開けよう!としだした!Σ( ̄□ ̄;)

『やっちゃん!電話やで!はよ出ーや!待ってはるで!』

ガチャガチャ…ガチャガチャ…

開けようとしてるやん!!(゜ロ゜ノ)ノ

今、開けたらあかんやん((((;゜Д゜)))

声を潜めて見てたけど…

ガチャガチャガチャガチャ扉を何度も開けようとしてる。

ヤバい(((((((・・;)

『もう行くから向こう行っといて!』

そやけどそんな声も聞こえてないのか…

『はよ!しーや、待ってはるんやで!』

ガチャガチャ…ガチャガチャ…

もうほんまにムカつくなー、、開けようとすんなや!!と思いながら、、、支度しようとたら…

バーーーーーーーン!!!!!

物凄い音だった…

仁王立ちのばあちゃん…

ばあちゃんと目があった…

ばあちゃん…口開けてた…

少しして…一言…

『あんた…何しとん?…風邪ひくで…』

ほらな…

恐れてたことが…

てか、鍵壊すなや…

【ぼくのメタルスネア】

なんの縁があったのか…

どんなタイミングだったのか…

我が家へやってきた8台のメタルっち。。。

左から…

コパー・スチール・ブラス・アルミ合金・アルミ・スチール・ブラス・ブラスだ。。。

みんな可愛い。。

それぞれの個性があって…

【予約というものについて】

予約…これは読んで字の如し…

『予め約束する』という意味ですね。。。

これはライブでの話…

約束なんですよ。。。約束。。

それをね、、ほんと簡単にすっぽかす人がいるんで困ってる。。

『予約お願いしますー!』ていうのはもちろん!予約として受けるのは当然なんです。。

で…『行きます!』てのも予約として扱います。。。

これは後々…『行きます!って言うたのに何で入ってませんの?』てクレームくるん防ぐ為です。

で、、『楽しみにしてますよー』てのも行く意志があるのでメールで確認してから予約として扱います。。。

そう!ここまで!

これ…約束ですよね。。

それ以外の曖昧なものは一切手帳に名前すら書かないし、予約ではないと思うてます。

で…ライブの当日近づくにつれポツリポツリ、予約のキャンセルてのが出てきます。。。

これも日常茶飯事で…もちろん、みなさん様々な事情もあるし、生活スタイルの変化や病気もあります。。。

だから前日までのキャンセルはまったく問題ないし、それはもう想定内。。。

なのでいつもソールドアウトになるよーなライブでも5名ほど多めにご予約取ります。。。

それでだいたいいつもええ感じになります。。。

集客人数の1割程度は必ず事前キャンセルが入る。。。

これはもうほとんどそうなので別に驚きもしません。。。

さて!…

今回言いたいのはそれ以外のものです。

つまり…

【すっぽかし】ですね。。。

ドタキャンと言うのとも違う。。。

ドタキャンは当日に連絡入るからまだいいんですが…

【すっぽかし】はほんとにタチ悪いなーと思うんですね。。。

特にぼくのやってるライブは『ご予約先着順により最前列より確保!』てのを謳ってるので前の方の席ですっぽかしを連発されると歯抜けになって後ろのほうの方に嫌な思いされると感じます。。。

他のお客さんに迷惑かかるんです。。。

空いててもそこへ行けず後ろの補助椅子とか…

『前あんだけ空いてんのに!』って言われたこともあります。。。

でもいつ来られるか分からないのでご予約テーブルはそのままにしとくしかないんよねー。。。

セカンドセットあたりからは完全に取り払うけど…それまではずーっと歯抜けのまんま。。。

正直…迷惑なんですよ。。。

予約すんなよ!と思う。。

今年入ってすでに8本ライブやったけどご予約もらってるライブすべてですっぽかしが数名ほど居てる。。

ロックの殿堂に至っては10名程居た。。

びっくりするよね。。ほんと。。

しかも前のほうだ。。

予約します!って言うたくせに…

と、思うわけです。。

ライブ告知見て一時的に感情が昂ってそこで予約して翌日忘れはるんだろうきっと。。

いちいち直前に『まもなくライブですよー!ちゃんと来てねー!』て連絡せんとあかんのかなぁ…

『ご予約取るの早すぎるんとちゃいます?』て声もあるけどそれは違う。。。

パーフェクトに来られてる方が9割いらっしゃるんだから。。。

だからこれはもう本人の意識次第なんだと思う。。

予約したことを覚えてられないなら書いててほしい。。

しかも近づくとぼくもどんどん告知増やしていくので分かると思うんだけどなー…

予約したことすら忘れてるんだろーな。。。

てゆーかもう予約しないでほしい。。。

これはもう今年に限らずもうずーーっと前から続いてることだし…ミュージシャン同士でもそうとうこの話題には話尽きないとこはあるけど…

なので今年からぼくはもう名前チェックしてるんでそれらの方々の予約は一切受けない。。。

予約外でもし来られるのならば当日ふらっと来られたらいいと思う。。

どうせ来られないですけどね(笑)

それに…

ソールドアウトのものは入れない…これ当然。。。

いつもいつもキッチリとパーフェクトに来られる方がたくさんいらっしゃる一方で…簡単にすっぽかすよーな人間がいて迷惑かかってるということをこないして書かないといけないことが非常に残念やけど…

まぁ致し方ない。。。

【予約】と言うのは…

約束だから…

それで座席数を計算するんだから…

来てほしい。。

無理ならば連絡入れてほしい…

それで済みます。。。