【傘がない…】

思い起こすに…

生まれてこのかた…

自分で傘を買ったことがない…

1度も自分で傘を選んで買ったことがないんだ…

なんか知らず知らずのうち…そばにある。。。

いつも雨降りにはそこにある。。

古いものだけど…

気がついたらそこにある。。

そろそろ傘が…

自分の傘がほしい。。

【そんなにおかしい?…】

海鮮丼をオカズに…

赤飯を食べるんです…

それもしょっちゅう。。

すると…

えーーーーーー!!Σ( ̄□ ̄;)

「有り得ない…」などとまわりから物議を醸し出すよーな冷ややかな目で見られますが…

そんなにおかしいでしょうか?…

普通だよね?

サンドイッチ食べながらピザ食べるんとなんら変わらないよね?…

【Dear】

君のものではない…
僕のものでもない…

そんな誰のものでもない丸く温かな星の上で…

今日もまたひとつ小さな命が消えていく…。

悲しみを湛えたその微かな灯りは怒りの矛先を見つけることなく静かに落ちていく…。

ひとつ…またひとつ…

何故…この世に生まれてきたんだろう?
何故…ここで消えていくんだろう?…

なんにも分からない…

ただ…儚き泡のように消えていく…

まるで…

そこに居なかったように…

…………………………………………………。

白い部屋で初めて触れたパパの笑顔忘れない…
あれからいくつも時を過ごしてぼくは温もり知った

雨の夜も…焼ける夏も…
通じた糸で話してたね…

これからも…ずっと
絶えることのない明日が待ってるはずだった…

それなのに…今、目を閉じなきゃいけないの?
あの青い空の向こうは暗いの?…
赤く染まった震える腕の中…
もう一度強く抱き締めてほしい…

目の前に注ぐ鉄の雨に揺れる…
叫ぶ声…言葉が見えない

ぼくの頬に落ちてきた滴…
生まれた重さ感じてる…今こそ

死にたくないよ…これからもずっと…遊んでやるって約束したんだ…そうだよね?
それだけでいい…ささやかな願いなのに…
許してくれない…見えることのない壁…

離しちゃ嫌だ!手を繋いでいて…
ここからぼくが連れてかれないように…
瞳の奥で…すべて流れてく…
あの青い空の…向こうは何色?
どうしてぼくには白く見えるの?

教えて…

【左腕の痺れと痛み…その後】

今年5/3…高槻ジャズストリートの最中、左腕に違和感を感じ始めました。

その後…だんだん痛み出し痺れを伴うようになりました。。

いろいろ調べてると痺れは良くない!内臓疾患や場合によっては命の危険もあるなどと書いてある。。

ヤバいなぁ…

でも…

原因…

思い返すと3月に自宅リビングで強烈に首が後ろ向きにガクン‼️と寝落ちてしまった事…

その際…左肩甲骨の下に物凄い痛みが走った事…

それだと思いました。。

そこで…

皆様に相談させていただきました。。

なかなかこんなこと人様に相談したことないですが…思い切って書いてみました。。

すると物凄い量のコメントとメッセージでいろんな有益情報くださいました。

そのどれもを試してみたくなるような。。

そしてレントゲン診察結果…

頸椎根症…

第6と第7の頸椎の間が損傷してるという…

その頃のぼくの左腕はもうかなりヤバい状態でずーーっと痛みがあり、寝てる間も寝返りもなかなか打てない、しかも1日中肩から指の先っちょまで痺れてる状態。。

そんな中でのライブとリハーサル…

何度も何度も演奏中、左腕を使えずブラン…と下へ下げたまんま演奏した場面がありました。。

正直…

ドラムはもう叩けなくなるかもなー…

とも思ってました。。

でも治せるもんなら治してみようと…

それから…みなさんより得た情報を元に治療へ通いました。。

この痛みから解放されるんなら治療費なんていくらかかってもいい…

少しずつでも痛みと痺れを軽減してほしい…

総合病院…整体師のもと…整骨院…カイロ…

この4つを手始めに行ってみた。。

鍼をお勧めしていただいた方も数人いらっしゃいましたが…まだこの時点では考慮中…

鍼痛そう(笑)

で、この4つ行ってみて…まったく痛みも痺れも取れなかったんですね。。

実感がない…

それなのに…

特にカイロの先生は…

「通い続けないと治りません…次のご予約いつになさいましょうか?」という…

え?…まったく痛みも痺れも軽減してないのに?…

当たり前でしょ、、みたいな顔で言うてくる。。

たとえ少しでも…ほんの1mm程度でもあ!楽になった!という実感があればそれは通ったでしょう。。

しかし、2時間も施術して「筋肉が人より強いです、、なのでなかなか指が入りません…」などと言い訳され、その上また通え!という…

「ご予約って言うけどな…ここへ来た時となんも変わってへんで、、こんなんあかんやろ?もうええわ。。」て言うて帰ってきました。。

その事があって若干ムカついてきてね。。

信用出来ない治療…もちろん!交通費に治療費…そんな無駄金がポンポン出ていく。。

保険も効かない。。

そんなカイロからの帰り道…

そのムカついたエネルギーをそのまんま自分の左腕に向けたんですよ。。

この左腕の痛み…今こんだけ痛いけどこれどこまで痛くなんねやろ?

どーせドラム叩けなくなるかもしれん!て思うてる自分がそこにいるわけやから…

ほんならとことん痛めつけたろ!思うたんです。。

もうなんというのか…治療というものとは真逆の発想です。。

左腕重点に重いダンベル持って筋トレ始めました。。

最初かなり痛み伴いましたがそのたびに…

「もっと痛なれやこらー!どこまで痛むんじゃ!そんなもんか!もっと痛め!もっと痛め!」と左腕を罵倒しながらやってました。。

そしたらね…

ある日…

あれ?…

オレ、左腕痺れてない…

あれ?…痛くない…

て、気付いたんですよ。。

それ…そうやって気づく!ってことくらいもう痛みのことも忘れてたってこと。。

それが9月のことです。。

完全に知らぬ間に治ってました。。

しかし…ぼくはバカというか学習能力ないというか…(T_T)

またもやリビングでまったく同じ状況で寝落ちてしまい‼️左肩甲骨裏に稲妻が走りました。。

そして、、またしても1から同じ痛みと痺れ発症(笑)

しかし…ぼくももう2度目なんで落ち着いてます。。

同じように痛みある左腕に向かっていじめていじめていじめ抜いたったんですよ。。

今…

完治。。

まーーーーったく痛みありません。。

もちろん痺れもありません。。

もう日常でそのことすら忘れてます。。

なんだったんだ…

これはすべての方に効果的なのかどーかは医学的根拠まったくないんでどうか分かりませんが…

守りに入るより攻めたほうがええこともあるんだなという風に思いました。。

あの時…カイロの先生の一言がなければまだ治療方法模索してたかもしれません。。

あの憤りをエネルギーに変えて左腕にぶつけた結果が今こうなってるわけですからこれはこれでアリかなとも思います✨

今はとにかく筋肉を強くしていくトレーニングを続けてます。。

やはり年齢とともにサボって筋力落ちてたのがそもそもの原因だと思うのでそこらあたりはストイックに継続していかないとこれからの人生に響いてくるので自分への戒めとしてええ経験になりました。。

心配してくださった皆様…

たくさん教えてくださいました皆様…

ほんとにありがとうございましたm(__)m

ぼくはこれで完治しました(*^^*)

【人類の至宝】

ヘビーローテーション…て言葉がある。。

音楽でいうところのヘビーローテーションていうのは文字通り楽曲単体やCD・レコードのことだ。。

好きな曲…好きなアルバムを何度も何度も聴く!ずーっと止めどなく流し続けること。。

それだけ思い入れがあって大好きな音楽だということ。。

そういった意味でぼくの最大最強ヘビーローテーションアルバムはこれだ!!

SLAVA/ave maria

これはもう間違いない…

それくらい大好きだし、、

凛とした静寂な空気…

どこまでも澄み渡る透明感…

この神々しさといったら!もう筆舌に尽くしがたいほどの響きがある。。

これが人の声なのか?…

時折…考えてしまう。。

この美しさ…人類の至宝だ。。

ここには12ものアヴェマリアが収められてるけど…

どれもこれも…

SLAVAが後世へ残してくれた宝物。。

【何考えてるんですか…】

保険屋さんがいろいろ考え…提案してくれてぼくの保険をより良く…しかも低価格になるようプランを練ってくれたのに…

ぼくの保険面談当日の【午後の紅茶3本一気飲み事件】で引っ掛かってしまいました。。

やはり検尿直前に午後の紅茶3本(ミルク・レモン・ストレート)の一気飲みがかなり効いた模様…

医者がデータ表見て開口一番「糖尿病手前やね…ひょっとして糖尿病て診断されたことあります?」て言うたもん。。

無い!っちゅーねん!!

でも午後ティー3本一気飲みの件は言えず…

しかも「血圧もかなり高いねぇ…緊張してるのかな?深呼吸してもう1回やり直しましょう」などと言われ…

緊張なんかしてへん!ちゅーねん!!

そんなこんなで結局、引っ掛かってしまい…半額になるはずのぼくの保険料は最低ラインギリギリでぶら下がりプラス2000円ほどになってまいました((((;゜Д゜)))

検尿直前、忘れてオシッコしたばっかりに…

慌てて午後ティー3本一気飲みしたが為に…

ほんとにバカだ…┐(‘~`;)┌

アホー!アホー!オレのアホー!

もう諦めてその旨を保険屋に伝えて…

「あれは本来のオレじゃないからなんとかしてくれ!」と頼んだけど…

「1度出た数字は変えれないんですよ…」と言う…

保険屋さんは…やや笑いながら。。

「しかし…何考えてるんですか…普通、水ですら検尿や血圧測る時は直前に飲まないほうがいいですよ!それだけで数字変わりますから…それなのに紅茶3本飲んだんですか?…それはアウトです、、でもよくそれでもなんとかギリギリ通りましたねー、、元の状態がよほど良かったんですね!」

元の状態?

そか!そだな!

そなのか!ぼくは健康なのか!!

午後ティー3本飲まなけりゃ…

かなりいい数値を叩き出せるんだ!!

それを聞いて逆に喜んでます。。。